リクアワとか、単独コンとか…。

 さて、1月にTDCホールで行われた「リクエストアワーセットリストベスト100」や、各種のコンサートの感想が書けていなかったので、それらをざっと。メモ程度になってしまいますが…。ちなみにほとんど映画館で観ました(-∀-`;)。

◆リクアワ

 ・今年のリクアワは「NGTの圧倒的な強さ」を見せつけられる結果となりました。

 ・NGT48の持ち歌は、公演曲やシングル・カップリングを合わせて27曲ありますが、今回なんとそれら全ての曲がランクインしました。

 ・しかも、トップ10には5曲がランクイン。

 ・ここまで多くの曲がランクインすると、当然票が割れて1位は無理だと思われますが、なんと1位もNGTの曲でした。

 ・余りにもNGTばかり大量にランクインするので、映画館の客席も若干シラケ気味でした。

 ・そして、NGTの快進撃の一方で涙を飲んだのがチーム8。2年連続の2位でした。

 ・昨年もNGTに1位を奪われ、今年こそは行けると思われただけに、2位が発表されたときは客席(映画館含む)からため息が漏れました。

 ・ってか、今回のNGTの大量ランクインは、ちょっと信じがたい感じですね。CDの売り上げを思うと、ここまでランクインするとは到底思えません。

 ・噂されているように、少数のヲタが大量のFC枠(俗に言う柱票)を持っていて、それを投票したのでしょうかね。総選挙の速報もそれが原因と言われていますが…。

 ・もし仮にそうだとすると、一部のヲタにここまで影響されてしまうランキングというのは、意味があるのかと思ってしまいます。

◆16期生コンサート

 ・センターは山内瑞葵。まあこれは予想通り。

 ・驚いたのは2番手のポジションが最年少の鈴木くるみ(中1)だったこと。最後のまとめのコメントも彼女が担当していました(パク)。

 ・いくら子役出身で経験があるとは言え、13歳の子がまとめのコメントを担当するのはさすがにちょっと違和感がありました(笑)。

フレッシュオールスターズコンサート

 ・カップリング曲「法定速度と優越感」を歌っている各グループの若手によるコンサート。

 ・若いだけあって、ダンスにもキレがありました。

 ・小栗有以がダンスがかなり上手くなっていて驚きました。最近はセンターに据えられることも多くり、自覚が出てきたんでしょうかね。

 ・小栗有以、小畑優奈、山本彩加、松岡はなのような推されメンだけではなく、普段はそこまで日の当たっていないメンバーも居たのが良かったです。

 ・コンサートの演出はチーム8コンサートを踏襲していました。

 ・出来ればこのメンバーによるコンサートを、定期的に観てみたいと思いました。

STU48コンサート

 ・ユニット曲の楽曲と演出をくじ引きで決めるという趣向は面白かった。選曲も懐かしい曲も混じっていて楽しめましたしね。

◆チーム8コンサート

 ・オープニングからダンスナンバーを5曲連続で披露。ところが5曲目に入ったところで、メンバーが「休憩…無理無理」と言いながら次々と倒れ込み、演奏がストップ。

 ・もちろん演出なのですが、後から「紅白の欅坂」を意識した演出だと気付きました。ウケたわけでもなく、微妙な演出ですが(-∀-`)。

 ・「赤いピンヒールとプロフェッサー」を歌った小栗有以がすごく良かった。彼女は背が高いので、ドレスが似合うんですよね。