必要なものはちゃんと手に入る!

不登校ひきこもりのランキングに登録しています。

応援クリックをお願いいたします

人気ブログランキング

求めよ。さらば、与えられん。

Askanditwillbegiventoyou

を実感するこの頃。

以前から一度お話を聞きたいと思っていた日野公三先生にお会いすることが出来ました。

日野先生は、ある通信制高校の校長先生ですが、子ども達が学びやすい独自のオンラインの仕組みを真っ先に作った方。

そして、通信制とはいっても発達障害の子どものケアはそこまで行き届いていない。

そこをしっかりケアする体制を整えてくださっている方です。

今日のプレゼン内容は

不登校に潜む発達障害のこと

発達障害の子の苦しさ

これまでの卒業生の話

本当の自立とは

個別支援計画について

日野先生が校長をなさっている高校の話など

豊富で確実な情報と、先生の愛情が凝縮された内容。

言葉がずっしり響いてきて、久しぶりに涙がつぅと流れました。

卒業生の東田直樹さんの文章も、たまらない

誰もが普通でいられる社会に

更に、東京都のチャレンジスクール

不登校や学びにくさを感じる子ども達の受け皿として立ち上げられた東京都の公立高校

第1号の立役者桐丘高校元校長天井勝海先生からも、現場の経験を丸ごと活かして斬新な体制を実現なさったお話をお聞きしました。

教育現場も動いていることを手に取るように感じました。

午後にかけては、直にお話しする時間を設けてくださり、またまた質の高い、そしてフレキシブルな選択肢が増えました。

知っているか、知っていないかで、日の心持ちは大違いです。

教育の場でも改革開拓が進んでいますから。

不登校となって、生き方在り方を家族で考えさせられ、気付かされたことも非常に多いのですが、学校に行けないこと自分は人と違うことに子ども達が苦しむ時間は、そこまで必要だったのか?という疑問がぬぐえません。

もっと早く選択肢を知っていたら良かった。

これが私の原動力になっています。

選択肢を知っていたとしても、同じような道を辿ったかも知れません。

だとしても、知った上での選択だったならば、不登校になってすぐの頃、もう少し違った心持ちで納得して見守れたように思うからです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

不登校をグローバルに考える会主催

Facebookページがこちらです。

LINE人生を開花させる英語イベント情報など

EternalGlowYoshiko

未来が不安。

その気持ちを、安心して解放してくださいね。

笑顔輝く道を歩み出せるように伴走いたします。

お問合せご相談お受けしております。

こちらから

お母さんがほっとして動きだしたくなる情報提供や、現状の整理にお付き合いしています。今までの自分を肯定して、前向きな気持ちになれる、と好評です。